ツリーテントの詳細はこちらから↓↓↓



子どもがいる家庭がキャンプをするならテントサイルのツリーテント

テントサイル販売

 

赤ちゃんや小さな子どもがいると、キャンプに行くのも大変です。
なぜなら子どもを見ながらのテント設営が大変だから。
そんな方でもわずか5分のテント設置ならできるのでは?
そんな商品が実はあるのです。

 

早速動画で見る

https://vimeo.com/146825532

 

子どもがいる家庭でも簡単にテント設置ができる商品とは、「テントサイルのツリーテント」商品の販売です。
ツリーテントの販売元はテントサイルジャパンで、もともとはイギリス・ロンドンにあるTENTSILEという会社のツリーテント商品となっています。

 

テントサイル

 

販売しているテントサイルのツリーテントなら1人用~3人用ツリーテントまで対応しています。
ツリーテントはメインのテントとしてはもちろん、1人用や2人用をサブのテントとしても使えますね。

 

テントサイル販売

 

小さな子どもがいるとロッジでの宿泊を考えてしまいますが、ロッジ脇にツリーテントが設置されていれば、子どもたちも喜ぶはず。

 

ツリーテントは地面から浮いた状態のため、ママにとっても虫が近寄らず便利なんです♪

・ツリーテントで赤ちゃんを虫や紫外線から守りたい
・ツリーテントで子どもたちの遊び場が欲しい
・ハンモックに揺られるように子どもたちを見守りたい
・ツリーテントで子どもがワクワクするキャンプにしたい

このようなニーズにツリーテントは対応できます。


テントサイルなら女性でも慣れれば5分で設置OK

テントサイル販売

 

子どもが小さいとキャンプに行く機会がなく、キャンプに慣れていないパパ・ママも多いですよね。
そんな家庭がはじめてキャンプに挑戦しようと思うと、テント設置が難関です。

 

通常のテントはポール立てをしなければならず、パパ1人ではテントを設置できないのです。
だからといって小さな子どもを見ながらのテント設置の場合、ママが手伝うわけにもいきませんよね。
だったら、たった5分で設置ができるテントサイルのツリーテントを選んでみましょう!

 

テントサイルツリーテントの便利なところが、女性でも10分、慣れれば5分でも設置できることです。
ツリーテントはポールがないタイプのため、テント設置に慣れていない方でもできます。

 

テントサイル販売

 

テントサイルツリーテントは3本の木にロープを結び付けて設置するタイプのため、ハンモックのような寝心地です。
小さな子どもがいる家庭でも、ふわふわとした寝心地にツリーテントは夢中になるはず。

 

ツリーテントは3本の柱さえあれば、どこでも設置が可能です。
木、電柱など固定できる柱が7m以上で、3本あればツリーテントは難しい設置ではありません。
森やビーチのようなキャンプ地であれば、3本の柱を探しやすいでしょう。
ツリーテントの設置は女性の手でも5分で簡単にできるため、キャンプ初心者でも安心です。
ツリーテントは平帯状のロープを使っているため、木を傷める心配がありません。

 

そして何よりも、テントサイルのツリーテントは軽量だということです。
ツリーテント2人用のツリーテントは7kgとなっています。
ポールがない分、重量も少なく、子どもがいる家庭でもツリーテントは持ち運びが楽です。


テントサイルはTVや雑誌でも紹介されて話題に

テントサイル販売

 

テントサイルツリーテントは、フジテレビのめざましテレビで紹介されました。
ほかにも、ツリーテントはアウトドア系の雑誌への掲載事例もあります。
ツリーテント掲載例はほかにも@Premium、はじめてのキャンプツーリング、BE-PALなどです。

 

今では各キャンプ場でもツリーテントは採用されているところがあるため、徐々にツリーテントの知名度も上がってきています。
とはいっても、まだまだツリーテントの存在は知らない方もいるはず。
キャンプ場で空中に浮くツリーテントを設置すれば、目立つこと間違いなし!

 

SNSで写真を公開するためにも、テントサイルツリーテントはとても映えます。
実際に、海外のSNSでもツリーテント使用例が公開され話題となることもあるようです。

 

 

 

 

 

 


テントサイルの値段は?

テントサイル販売

 

ツリーテントで気になるのは値段かもしれません。

 

1人用のツリーテントは78,000円、2人用のツリーテントは98,000円です。
3人用ツリーテントは118,000円となっています。

 

テントとして人気のコールマンでも、4万円程度から買うことができます。
その費用を考えると、テントサイルツリーテントは少し高価な商品です。

 

しかし、テントサイルツリーテントの商品はどれも一生ものにできる品質です。
日本のテントサイルジャパンでは、ロンドンの生産工場から直接仕入れている正規品で、テントの品質は日本製なみに厳しいチェックがおこなわれています。

 

万が一ツリーテントが破れてしまっても、ロンドンに送って補修ができるため安心です。
さらにツリーテントの生地、パーツ、仕上がりに関する不具合があれば、1年間保証が利用できます。
テントサイルツリーテントが推奨する通常の使用の範囲での保証です。

 

「教育費がかかるのに我が家にはちょっと無理かな?」
と思った方は、テントサイルツリーテントのニーズを確認してみてください。
ツリーテントはキャンプのテントとして使えるだけでなく、無限大の楽しみ方があるからです。

 

テントサイル販売

 

・ツリーテントで川の上にテントを張ってキャンプ
・子どもと一緒にツリーテントで流れ星を見に行く
・ツリーテントはピクニックで子どもの休憩所として
・ツリーテントを自宅の庭に設置して気軽なアウトドア気分を
・災害用に持っておきすぐツリーテントを設置できる

ツリーテントは色々な活用のやり方があります。

 

アウトドアの環境では、子どもに危険な場面もあるはず。
森でのキャンプは熊に遭遇するかもしれませんし、蛇が出てくるかもしれません。
虫が嫌いなため「キャンプは無理!」と思っているママも多いですよね。

 

テントサイル販売

 

怖い動物の遭遇はいやですけど、ツリーテントで大自然のなかでキリンの遭遇は大歓迎です♪
ツリーテントはゆったりと横になりながら自然を感じ、動物たちの様子も見ることができます。

 

ツリーテント公式サイトには、「ゾンビも防げる!」と書いてあるんです♪
さすがにゾンビは現代社会で登場することはないかもしれませんが、ウォーキングデッドの世界観が好きな方なら、テントサイルで想像して楽しめるはず。

 

ドラマのウォーキングデッドを見ていて、「ゾンビが来たら子どもを連れて屋上に逃げなきゃ」と想像した方は少なくないと思います。
テントサイルはそんなシーンでも、子どもたちを守ることができますよ♪


テントサイルと類似品の比較

テントサイル販売

 

Mt.SUMI(マウント・スミ)もテントサイルと似たツリーテントです。
こちらの商品は価格が29,800円とお安くなっています。
FLYTOP ツリーテントという商品は20,399円です。

 

テントサイルツリーテントは人気が出てきたため、偽物が販売されていることがあります。
正規品はツリーテントにTENTSILEのロゴがプリントしてあるため注意しましょう。

 

類似品と比べてテントサイルツリーテントは1年間の保証が付いていることです。
安価なツリーテントだと短期間で生地がダメになる可能性があります。
テントサイルツリーテントは長期間使うことも想定しているため、破損してしまったらテントサイルまで商品を送り、ロンドン本社で修理をしてもらうことが可能です。

 

類似品と比較しても、テントサイルツリーテントは耐久性が高いといえそうです。
子どもたちと一緒にキャンプを楽しめる期間は、わずか20年あまりですから、貴重な時間を子どもたちと過ごすため、テントサイルツリーテントを活用してみませんか?


テントサイルを買うなら冬がお得!

テントサイル販売

 

テントサイルツリーテントの販売価格ががちょっと高いな?と思うなら、冬のセール販売期間を狙いましょう。
ウィンターセール中にはツリーテントが通常価格から20%オフで販売され買うことができます。

 

テントサイルのツリーテントは、床から離れているためウィンターシーズンにも活躍できます。
ツリーテントなら床からの冷たさが軽減できるため、雪上のキャンプにも使えるのです。
冬にアウトドアに出かけて、ツリーテントの中で夜空を見上げるのも楽しそうですね♪

 

テントサイル


 

テントサイルツリーテントの特徴

動植物を保護する思い

地上から離れた空中に設置するテントサイルツリーテントは、動植物を保護する思いから販売しています。
ツリーテントなら草花を踏みつけることがなく、自然にダメージを与えません。
設置の際に3本の樹木を使いますが、ベルトで傷つかないよう保護することもできます。

 

設置方法が簡単

オートキャンプ用のテントは設置が面倒なのが問題でした。
運搬は自動車を用いるため、ポールが多少重くても問題はなく、部品が多いのがデメリットです。
その点、テントサイルツリーテントは設営に1人でも可能な商品として販売されています。

 

ツリーテントは3つの気にベルトを張り、テンションをかけて引っ張るだけです。
難しい設置の方法はないため、女性でも1人でツリーテントを張ることができます。
ツリーテントは簡単で手順も難しくなく、ラチェットを使って引っ張るだけです。
人の力でも十分設置できるように作られているため、ツリーテントは簡単なのが魅力でしょう。

 

中心を確保するように設置するのがコツ

テントサイルツリーテントはハンモックのような形をしているため、中心を確保するよう均等に設置する必要があります。
ツリーテントの重心がズレてしまうとバランスが変わり、1点のみに力がかかります。
床から離すときにツリーテントの3点のバランスを見るようにしましょう。
ツリーテントは女性でも慣れれば10分足らずで設置ができるようになります。

 

テントサイルは種類が豊富

テントサイルツリーテントの商品販売は種類が豊富で、使う人のニーズに合わせてプランが選べます。
ツリーテント関連グッズも多数販売がありますから、必要なものは何でもそろいます。

 

2人ならコンパクトタイプ

ツリーテントコンパクトなモデルなら、ソロキャンプや2人で宿泊するときに便利です。
テントサイルのブランドでは、2~3人くらいが使えるツリーテント商品販売もあります。

 

6人用の大型タイプも

テントサイルツリーテントは連結することができるため、6人用の大型テントにもなります。
ツリーテントを繋げて使えば人数は問わず、大人数でも活用しやすいでしょう。
利用のスタイルは様々で、バリエーションは多彩に販売されているのがツリーテントの魅力です。

 

テントサイルは快適さや雰囲気が魅力

テントサイルツリーテントの魅力は、普段できないような体験が実現できることです。
普通のキャンプで自然を満喫できず後悔する方もいるでしょう。
テントサイルツリーテントなら面倒な設置もなく、快適な空間が短時間で確保できます。
何よりも高い場所からの景色は綺麗で、気持ちよく過ごせることでしょう。
高い位置が苦手でない人なら、ツリーテントの寝心地も悪くありません。

 

テントサイルはネットで話題の商品

テントサイトツリーテントは販売ランキングで上位にくるような人気商品ではありませんが、進化を遂げた新しいスタイルだといえます。
ツリーテントの販売情報を見てみると、SNSでシェアするのにちょうどよく、注目される外観です。
是非実際に使ってみて、SNSでシェアしてツリーテントを楽しんでください。

 

テントサイルを活用するシーンの紹介

キャンピングカー横に設置

キャンピングカーを持っている方なら、オートキャンプ場に出かけてみましょう。
テントサイルツリーテントは3本の木が必要なため、設置場所があるか事前に確認する必要があります。
普段からレジャーを楽しんでいる方なら、木が多いエリアは見つけやすいでしょう。
木々が多くても管理者によりテントサイルツリーテントの設置を許可していないこともあります。

 

キャンプサイトに設置

オートキャンプ場のように整備されたところではなく、キャンプサイトなら設置場所も確保しやすくなります。
ツリーテントは地面から浮かして設置するため、どのような悪路でも問題はありません。
スペースさえ確保できればいいので、思い切って変わった場所を選んでみましょう。

 

キャンプ場に設置

キャンプ場に車で出かけたら、3本の木があるところにテントサイルツリーテントを設置できます。
テントサイルツリーテントは軽量のため、車両から離れた場所でも問題はないでしょう。
キャンプ場によってはキャリーカートを貸し出しているところもあります。
大人数ならバスで出かけて、規模の大きいキャンプ場を使いましょう。

 

ツリーハウス横に設置

ツリーハウスがあるキャンプ場なら、テントサイルツリーテントを設置する場所も確保しやすくなります。
その場合も、管理者にツリーテントの設置ができるか尋ねてください。

 

リビングに設置

テントサイルツリーテントの面白い使い方は、リビングに設置することです。
柱が3本ある室内にテントサイルツリーテントを張ることもできます。
梁がある家庭ならツリーテントはハンモック気分で楽しめるでしょう。

 

テントサイルの利用方法

出入りに注意が必要

テントサイルツリーテントは出方の対応を確認しておく必要があります。
使い方はハシゴを使って昇る、降りるという方法です。
ツリーテントは高度の場所に設置しているため、出入り口は高い場所になります。
そのため、ツリーテントからの上り下りでは足場が不安定になるため注意しましょう。

 

寝泊りするときは風に注意

テントサイルツリーテントは高所の使用となるため、風にあおられる可能性があります。
ツリーテントで寝泊りするときは、風のない日にしましょう。
ファスナーをしめておけば、風や物が入り込んでくることはありません。

 

泊まる場所で事前に使用許可を得ておく

キャンプ場など泊まる場所では、ツリーテントの使用許可を得ておきましょう。
ツリーテントは使用できる場所が限られているためです。

 

テントサイルの長所と短所

三角形の形が独創的

テントサイルツリーテントは他では見られない三角形の形をしています。
見た目のインパクトがありますから、周りの人から注目を浴びるでしょう。

 

豪華な見た目

一番の長所は豪華な見た目かもしれません。
今はInstagramやTwitterなどSNS映えする写真が注目されているため、テントサイルツリーテントはちょうどいい材料となるでしょう。

 

強度が高い素材でできている

ツリーテントは空中に浮くタイプのテントのため、強度のある素材で作られています。
人が乗っても問題がない安全性が確保されている商品です。

 

圧倒的な耐水圧性

ツリーテントは本格的なアウトドア使用で、耐水圧は3000mに耐えます。
耐水圧とは1cm四方で水を積み上げ、何メートルまで耐えられるかの目安です。
低いものでは1000m程度のため、テントサイルツリーテントは十分な基準があります。
傘の場合は500くらいのため、どれだけ高いかわかるでしょう。

 

ポータブル形状

ツリーテントは本体が軽量で持ち運びやすく、ポータブルタイプとしても使えます。
階層構造にも使えるため、好みの設置が楽しめるでしょう。
ツリーテントは自由度が高い使い方が魅力です。

 

荷重は400kgまで

テントサイルツリーテントは2~3人の使用でも耐えられるよう、400kgのものが多いです。
ツリーテントでは荷物を入れても耐える生地を使っています。

 

長期滞在には向いていない

テントサイルツリーテントの唯一の短所は、長期滞在には向いてないことです。
空中に吊り下げるタイプのため、風に弱いためです。
1週間や2週間の滞在だと、雨の日もあれば風が強い日もあるでしょう。
そういった悪天候の場合は撤収する必要があります。

 

テントサイルと一緒に用意したい道具

ハンモック

テントサイル自体がハンモックの役割を果たしますが、別途簡易タイプがあると寛ぐことができるでしょう。
たくさんの用品やアイテムを持っていける環境でおススメです。

 

ハシゴ

テントサイルに出入りするためにハシゴが必要です。
ロープタイプのものが便利でしょう。
ワイヤーを使ってDIYしたものでも活用することができます。
簡単な設計のテントですから、ニーズに合わせて梯子を選んでください。
縄ばしごがあると高い位置でも上がりやすいです。

 

バーベキューコンロ

キャンプに必需品となるのがバーベキューコンロでしょう。
コンロは小型のものから大型のものまで売られています。

 

ランタンや懐中電灯

夜に泊まるなら、ランタンや懐中電灯も必須アイテムです。
オイルを使ったものや、乾電池タイプなどいくつか用意すると重宝します。

 

クーラーボックス

食材を腐らず長期保存するために必要な道具です。
肉、魚、野菜、麺類、お菓子、ビール、お茶、調味料類など何でも入れられます。

 

シュラフや寝袋

テントサイルで寝るときは、シュラフや寝袋などを用意しましょう。
夏であれば綿毛布や肌掛けなどのブランケットでも代用できます。

 

チェア

椅子はロッキングチェアや、折りたたみチェアなどです。
テントサイルは居住空間で、食事をするとき用に椅子が必要となります。

 

テントサイルの購入場所

アウトドア用品店では販売は見かけない

テントサイルは一般的なアウトドア店では販売を見かけることがありません。
基本的には新品を公式サイトで買う販売方法です。
費用が気になる場合は、キャンプ場でのレンタルを検討してみてはどうでしょうか。
貸し出ししている専門のキャンプ場もあります。

 

イギリスのロンドン発祥のテント

テントサイルはイギリス発祥のテントのため、販売店の公式サイトは英語表記です。
日本語で説明が欲しい方にとっては、少し不便かもしれません。
開発したのはロンドンのアウトドアメーカーの販売で、英語が苦手な方は翻訳機能を活用してみてください。

 

テントサイルを使う上での注意事項

雨が降っている日は避ける

テントサイル自体の耐水圧は雨にも耐えられますが、風には弱くなっています。
そのため、雨の日は風が強くなる可能性を考慮して、使用を中止しましょう。
突然の雨くらいならしのぐことはできます。
雨が降りそうなときは風通しに注意が必要です。
高い場所に設置しているため、水たまりの影響を受けにくく、浸水の被害は少なくなっています。

 

8m以上の高所にならないように

テントサイルの設置は木の上のように高所には適していません。
ストラップ自体は丈夫ですが、万が一の落下にそなえるためです。
高い場所に設置する場合は、自己責任でお願いします。
あまり高さのある場所に貼ると危険性が高くなるため設置場所を考えてください。

 

背中の痛みが出ないように

ハンモックのようにクッション性はありますが、立ち上がるほどの高さはありません。
長時間中で過ごすと、背中の痛みが出るかもしれません。
日中に中で過ごすと、蚊帳のような役割にもなるでしょう。

 

野生動物の侵入を防ぐ

山でのキャンプだと野生動物や昆虫が問題となります。
テントサイルは虫除けとしても向いています。
ムカデ、蛇、モグラ、クモなども防ぐことができるでしょう。

 

子供が喜びすぎるのに注意

お子様と一緒にテントサイルを使う場合、喜びすぎる可能性があります。
中で飛んだり跳ねたりするものではありません。
子どもの場合激しく動いて落下するリスクも考慮し、ある程度の年齢からの使用がおすすめです。
夏場のタープ代わりとしても便利でしょう。

 

テントの種類

オートキャンプ用は登山用とは異なる作りです。
それぞれのタイプを把握しておくと、はじめてのキャンプに使うテントを選びやすいでしょう。
通常のテントは居住性を重視し、慣れていない人でも設営できることが重視されています。

 

複数のテントの種類

ドーム型テントが一般的で、ほかにもA型も売られています。
多くの場合はタープを組み合わせて使用します。
夏の使用が多いため、メッシュで蚊帳のようにも使うことができます。

 

主なテントのメーカー

スノーピーク、モンベル、小川テント、コールマンなどが主流メーカーです。
アメニティドームやクロノスドーム、ムーンライトテントなどを選んでおくと失敗が少ないでしょう。

 

登山用のテント

登山では背負って持ち歩く必要があるため、小型で軽量です。
さらに山頂では風も吹くため、背が低く強風に耐えるつくりとなっています。
このような問題からスペースが狭いのがデメリットです。
形はドーム型テントが主流で、フレームを自立させてからテント本体を取り付けます。
山では雪や風などの影響で冷えるため、迅速に設営ができ撤収のしやすさが優先されています。

 

悪天候でも使えるよう、フライシートとインナーシートを2重構造にしています。
2枚のシートの間に隙間ができ、フライシートで雨を防ぎます。
また、ゴアテックスを使用したものは1枚のみのものもあります。

 

登山用は軽量で持ち運びができやすいことから、ツーリングにも用いられます。
テントサイルも似た作りではありますが、設置場所が限られるのがデメリットです。
どちらも非常時やビバーグなどにも使うことができます。

 
トップへ戻る